2017年7月10日月曜日

デビッド・ケイ「表現の自由」国連特別報告者 訪日報告書

6月12日に国連人権理事会で報告された言論と表現の自由に関する特別報告者デービッド・ケイ氏の対日調査報告書の日本語訳が外務省の頁で公開されました。また、この報告書に対する日本政府のコメントも公開されています。

デビッド・ケイ「表現の自由」国連特別報告者 訪日報告書(未編集版)(A/HRC/35/22/Add.1) <仮訳> PDFファイル

訪日に係る特別報告者の報告書に対する日本政府コメント PDFファイル


2017年7月4日火曜日

「帰国報告会」(7月15日)のお知らせ

ジュネーブでの山城博治さんの口頭声明および「沖縄における表現の自由」のシンポジウムの内容を皆さんに紹介するための「帰国報告会」を開きます。

日時 7月15日(土)18時30分〜21時
場所 那覇市職員厚生会厚生会館多目的ホール
〒900-0006
沖縄県那覇市おもろまち1-1-2 那覇市上下水道局庁舎B棟3F

プログラム
1 研究会のこれまでの「表現の自由」に関する取り組み 
2 ジュネーブ訪問の目的、内容報告 
3 山城博治さん 口頭声明とシンポジウムでのスピーチについて
4 金高望さん シンポジウムでのスピーチについて
5 メディアから見た国連行動
6 国連特別報告者デイビッド・ケイさんの発言紹介
7 質疑応答
総合司会 島袋純


写真はFM那覇での「それってどうなの?沖縄の話」の収録の様子。この日は、ジュネーブ行動についてお話をさせていただきました。放送は、7月10日の週の予定です。

「それってどうなの?沖縄の話」
FM那覇 78.0MHz 木 21:30〜21:55

2017年6月22日木曜日

ジュネーブ行動について

以下の通り、ジュネーブでの活動を実施しました。

(1)6月15日 山城博治さんの口頭声明
(2)6月16日 サイドイベント(シンポジウム)「沖縄における表現の自由」
(3)6月16日 外国政府の国連代表部と面会
(4)6月16日 国連人権高等弁務官事務所で特別報告者の方々と面会

沖縄の声を国連に届けることができ、またそのことが国内外のメディアでも取り上げられ、大変充実した活動が出来ました。

クラウド・ファンディングなど募金活動を通して支援してくださった皆さん、資金援助をしてくださった辺野古基金、その他様々な方法で今回の活動を支えてくださった皆さん全てに感謝します。

シンポジウムの報道(一部)

朝日新聞
毎日新聞(共同通信)
東京新聞
琉球新報
沖縄タイムス
swissinfo(スイスインフォ)


国連人権理事会第35会期で「沖縄における表現の自由」のサイドイベント開催(2017年6月16日)




国連人権理事会第35会期で開催した「沖縄における表現の自由」のサイドイベント(シンポジウム)の動画をIMADRがYouTubeにアップしてくれました。

国連人権理事会第35会期で「沖縄における表現の自由」のサイドイベント開催(動画 IMADR 提供)



山城博治さんの口頭声明(2017年6月15日)

山城博治さんの口頭声明は以下の通りです。

Thank you Mr. President.

I am Hiroji Yamashiro. I lead the peaceful protest movement against human rights violations by the U.S. military bases in Okinawa, Japan.
The Governments of Japan and the U.S. are building military bases in Okinawa despite the strong opposition from Okinawan people. 

Civilians are protesting the militarization everyday. The Government of Japan dispatched large police forces in Okinawa to oppress and violently remove those civilians.
In the protest, I was arrested for a minor offence, followed by two retroactive arrests. I was detained for 5 months. I was not allowed to see anyone except lawyers. Not even my family. I was forced to confess and give up the protest activity. These are the clear human rights violations by the authorities.

However I and Okinawan people will never bow to oppression.
I demand the Government of Japan to stop human rights violations, and respect the Okinawan people’s will against the construction of new U.S. and Japanese military bases.

Thank you Mr. President

Organisations1:
Franciscans International
International Movement Against All Forms of Discrimination and Racism (IMADR)
All Okinawa Council for Human Rights, NGO without consultative status, also shares the views expressed in this statement.




日本語訳(正文は英語です)

ありがとうございます、議長。

私は沖縄における米軍基地による人権侵害に対し、平和的な抗議運動を行っている山城博治です。
日米両政府は沖縄の人々の強い反対にもかかわらず、新たな軍事基地を沖縄に建設しようとしています。

市民は沖縄の軍事化に反対して毎日抗議活動を行っています。日本政府はその市民を弾圧し、暴力的に排除するために大規模な警察力を沖縄に派遣しました。
私は抗議活動の最中、微罪で逮捕され、その後、二回遡って逮捕されました。
勾留は5ヶ月間にも及びました。
面談は弁護士以外との接見を一切禁じられ、家族とも会うことを許されませんでした。
私は自供と抗議運動からの離脱を迫られました。
これらは当局による明らかな人権侵害です。

しかし私も、沖縄県民もこのような弾圧に屈しません。
私は、日本政府が人権侵害を止め、新しい軍事基地建設に反対する沖縄の人々の民意を尊重することを求めます。

ありがとうございました。

2017年6月9日金曜日

2016年度実績・会計報告

遅くなりましたが、2016年度実績・会計報告を公表します。
以下のリンクからダウンロードしてください。
今年度もよろしくお願いします。

2016年度実績・会計報告

2017年6月1日木曜日

日本政府のコメントも公表されています

6月人権理事会で報告される予定の言論と表現の自由に関する特別報告者デービッド・ケイ氏の対日調査報告書が公開されました。この報告書に対する日本政府のコメントも公表されています。

A/HRC/35/22/Add.5 Report of the Special Rapporteur on the promotion and protection of the right to freedom of opinion and expression on his mission to Japan: comments by the State

日本政府のコメントは以下のページで "Japan" を検索すればリンクが見つかります。

35th session of the Human Rights Council: Reports



「メディアに圧力」国連報告書案…政府は反論(5/30 読売新聞)

萩生田光一官房副長官「政府の立場反映されず、極めて残念」 国連特別報告者の対日報告書公表(5/31 産経新聞)